厚生連について

ごあいさつ

代表理事理事長 社浦康三

本会は1950年に、販連、購連、農工利連の3つの連合会の統合に伴い農工利連の医療事業部門を継承して、長野県厚生農業協同組合連合会として独立発足いたしました。以来半世紀以上にわたり県下JAと一体となり保健・医療・福祉事業の発展に努めてまいりました。

発足当初は、大きな欠損を生じ続けた医療事業だけに筆舌に尽くしがたい紆余曲折があり、多難な船出となりました。当時は全国的にも病院経営が困難をきわめ全国厚生連から脱退する県連が続出するなか、本会は「農民の医療は自分達で守る」という強い信念のもと、農村医療危機打開に向け奔走された会員・組合員の協力と、役職員先輩達の辛苦と努力により難局を乗り切ることができました。

発足から60有余年、本会施設の老朽化等に伴う再構築事業を進める中で、医療・介護を取り巻く社会環境はその当初では想像できない程変化し、組合員・地域住民の保健・医療・福祉へのニーズの高度化や多様化をもたらしています。絶えず変化をしていく今日の情勢を踏まえ本会は全職員の英知を結集し、厚生連理念である「組合員・地域住民のいのちと生きがいのあるくらしを守り、健康で豊かな地域づくり」の貢献に向け邁進することをお誓い申し上げます。