事業案内

保健予防活動

保健予防活動

集団健康スクリーニング

JAと連携した「農民の健康を守る」活動、行政や関係団体などと連携した「地域住民の健康を守る」活動を積極的に展開しています。人間ドックは1958(昭和33)年から開始され、現在14の施設で実施しています。また、1973(昭和48)年に健康管理センターを開設し、巡回による健康診断(集団健康スクリーニング)を実施しています。受診者の視点に立ち、健診内容の充実および精度管理向上に取り組んでいます。

人間ドック

人間ドック

人間ドック受診者数

本会共通検査内容での1泊2日、日帰り人間ドックを実施しています。また、がん検診などの充実したオプション検査を実施しています。

集団健康スクリーニング

集団健康スクリーニング

集団健康スクリーニング受診者数

健康管理センターや事業所を中心に、行政やJA、保険者などの関係団体と連携し、受診者のニーズのもと、地域巡回健診として特定健康診査をはじめとする各種法定健診およびその他健診に対応しています。

各種がん検診

各種がん検診

各種がん検診受診者数

巡回検診車による胃検診、肺がん検診や病院内での各種がん検診を実施しています。

事後指導

事後指導

事後指導受診者数

健診後の健康相談、結果報告会などを実施し、受診者ご自身の健康状態をご理解いただき、その後の生活習慣改善に役立てていただいています。

健康教育

img10

農村医学夏季大学講座

地域住民を対象にした健康セミナーや農村医学夏季大学講座などの啓発活動を実施しています。

2017(平成29)年4月現在