厚生連通信

厚生連通信

<今月の健康>「しっかりと歯磨きをしましょう」 [健康バンザイ]

2019年02月25日

口の中には約700種類の細菌がいます。その中のストレプトコッカス・ミュータンスという細菌は、砂糖を含んだ食物を摂取すると、ショ糖を原料にして水に溶けにくく粘着性の高いグルカンという物質を作ります。これに多くの細菌が絡まってできるのが、プラーク(歯垢)です。プラークが付着したままになると、細菌が酸を作り出し、歯の表面が溶け出します。この状態を放置すると歯に穴が開き、むし歯になってしまいます。また、歯...

詳しく見る

平成30年度 第3回幹部看護・介護職員育成研修会 開催 [厚生連ブログ]

2019年02月05日

 平成31年1月24日~25日の2日間、「平成30年度第3回幹部看護・介護職員育成研修会」を佐久市臼田の農村保健研修センターで開催し、37名が参加しました。  この研修会は、本会各事業所の看護・介護の次世代を担うリーダー育成を目的とし、研修参加者は1年を通してそれぞれの課題について取り組みをしています。年3回の研修で、今回はその最後の研修です。今回の研修会は、リーダーシップを発揮していく上で必要と...

詳しく見る

<今月の健康>「地域包括ケアシステムについて」 [健康バンザイ]

2019年01月25日

現在長野市では医療・介護・予防・生活支援等が一体的に提供される「地域包括ケアシステム」の構築を進めています。地域包括ケアシステムとは、介護が必要な状態となっても、人生の最期まで住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けることができる地域づくりのことです。団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に進められています。今後、一人暮らしや夫婦のみの高齢者世帯、認知症の高齢者はさらに増えると予想されます。一...

詳しく見る

厚生連ながの 第78号 [厚生連ながの, 広報誌から]

2019年01月24日

厚生連ながの 第78号 発行しました。 厚生連ながの 第78号(PDFファイル) ...

詳しく見る

<今月の健康>「乱視とは」 [健康バンザイ]

2018年12月25日

眼球のレンズの働きをする角膜や水晶体がゆがんでいるため、焦点が合わない状態を乱視と言い、正乱視と不正乱視とに分けられます。 正乱視は球面をある一方向からつぶしたような形(ラグビーボール型)に歪んでいるため、屈折力が縦と横、あるいは斜めで異なり、焦点を一点に合わせることができません。主に角膜のひずみが原因ですが近視や遠視と組み合わさって起こる場合がほとんどです。弱い乱視の場合は見え方が影響すること...

詳しく見る
1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11

お知らせ

最近のエントリー

カテゴリ別に見る

月別に見る

RSS