厚生連通信

厚生連通信

〈今月の健康〉「認知症」の方が、気兼ねなく暮らせる地域づくり [健康バンザイ]

2018年01月29日

「認知症」とは、正確な意味での病名ではなく、記憶や見当識、理解や判断力、実行機能の障害をともなう疾患群の総称です。認知症はきわめてゆっくりと進行して、症状が出た頃には脳の神経細胞の脱落はかなり進んでいます。現在のところ、認知症の原因は不明で、治療法も予防法もありません。 そのため、認知症の治療薬は、症状の進行を緩やかにできるだけなのです。ただし、今まで普通に生活をしていた方が急にボケたり、はじめ...

詳しく見る

厚生連ながの 第74号 [厚生連ながの, 広報誌から]

2018年01月18日

厚生連ながの 第74号 発行しました。 厚生連ながの 第74号(PDFファイル) ...

詳しく見る

富士見高原医療福祉センター西箕輪診療所を開設 [厚生連ブログ]

2018年01月16日

JA長野厚生連富士見高原医療福祉センターは12月22日、同センターが運営する西箕輪診療所の竣工式を行いました。同診療所は、伊那市が昨年まで運営していた国保西箕輪診療所に代わる医療機関として、同市からの移管を受けて旧西箕輪公民館跡地に開所し、平成30年1月5日から診療を開始しています。 診療科目は内科、神経内科、小児科、消化器内科、泌尿器科、リハビリテーション科、診察室、処置室、リハビリテーション...

詳しく見る

平成30年度医療・介護報酬改定研修会を開催 [厚生連ブログ]

2018年01月11日

JA長野厚生連は12月27日に、長野市のJA長野県ビルアクティーホールにおいて、JA長野県くらしのセンター、社会福祉法人ジェイエー長野会との共催で「平成30年度医療・介護報酬改定研修会」を開催し、JA長野県グループの福祉・介護担当者を中心に約230名が参加しました。 この研修会は、主に介護報酬改定に係る動向及び、改定に備えた事業戦略について学ぶことを目的に開催しています。平成30年度は、6年に一...

詳しく見る

〈今月の健康〉「手のしびれと整形外科」 [健康バンザイ]

2017年12月28日

手のしびれは、手の感覚を司る神経に、脳から手までのどこかで異常があれば生じるので、原因は脳から手までのいろいろな所に考えられます。 脳では脳梗塞や脳出血まれですが脳腫瘍などが、脳から出た神経が通る頚椎では椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などが原因になります。ちなみに腰椎の神経は手にはいかないので腰の病気では手のしびれは生じません。頚椎から出た神経が鎖骨の奥で押される胸郭出口症候群という病気もあります...

詳しく見る
1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11

お知らせ

最近のエントリー

カテゴリ別に見る

月別に見る

RSS