厚生連通信

厚生連通信

<今月の健康>「熱中症について」 [健康バンザイ]

2018年08月01日

毎日「熱中症警戒レベル」がアナウンスされ、高温多湿で悩ましい日本の夏を迎えました。 昨年は、全国で4万人余りが熱中症のため救急搬送され、その内65歳以上の高齢者の割合は49.2%で、家の中で発症された方は27.1%でした。今年も4月末から多くの方が救急搬送されています。 熱中症の症状は、めまい・立ちくらみ・筋肉痛やこむら返りなどの軽い症状から、頭痛・吐き気や重症となれば、自分の名前が言えないな...

詳しく見る

第1回看護師長・主任研修を開催 [厚生連ブログ]

2018年07月31日

JA長野厚生連は7月25日、看護師長・主任研修をJA長野県ビルアクティーホールで開催し、93名の参加がありました。この研修は、中間管理職として必要な管理に関する基本的知識・技術・態度を習得することを目的としています。 今年度は、東京医療保健大学看護学部大学院看護学研究科教授の中島美津子先生に、「中間管理職としての働き甲斐のある職場づくり」と題してご講演をいただきました。現在の医療界(外部環境)を...

詳しく見る

すべての人々に健康を 第58回農村医学夏季大学講座 [厚生連ブログ]

2018年07月31日

 JA長野厚生連は7月20日、21日の両日、第58回農村医学夏季大学講座を、佐久市臼田のJA長野厚生連佐久総合病院農村保健教育ホールで開催しました。今年は新たに「すべての人々に健康を」をメインテーマとし、サブテーマに「孤立を生まない地域づくり」として、誰もが安心して暮らせる住みやすい地域づくりについて議論しました。県内外から2日間で、約600人が受講しました。  1日目は、NPO法人シェア=国際保...

詳しく見る

平成30年度 第1回QCサークル研修会を開催 [厚生連ブログ]

2018年07月25日

 JA長野厚生連は、7月3日・4日の2日間、QCサークル研修を松本市中信会館で開催し、2日間で121名の参加がありました。この研修は、QCサークル活動の活性化ならびにレベルアップを図り、良質な医療の提供および業務の改善につなげる事を目的としています。品質管理QC(Quality Control)とは、よい製品やサービスを経済的に実現する管理方法をいいます。  講師はQCサークル関東支部長野地区中信...

詳しく見る

第1回管理部新人職員研修会を開催 [厚生連ブログ]

2018年07月24日

 JA長野厚生連は、6月29日に第1回管理部新人職員研修会を開催しました。勤続1・2年目の管理部職員を対象に、全5回の実施を予定しており、各事業所から14名の管理部職員が参加しました。この研修会は社会人としての心構えをつくり、厚生事業並びに病院の仕組みを理解することで、患者さんの要望に適切に対応できる人材の育成を主な目的としています。  1つ目の講義ではまず、JA長野厚生連本所人材確保対策室の望月...

詳しく見る
9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19

お知らせ

最近のエントリー

カテゴリ別に見る

月別に見る

RSS