厚生連通信

厚生連通信

感染対策合同カンファレンスを開催 [厚生連ブログ]

2019年10月16日

JA長野厚生連は10月4日、浅間南麓こもろ医療センターで感染対策合同カンファレンスを開催し、各事業所ICT(感染対策チーム)を中心に50名の参加がありました。このカンファレンスは、本会の感染管理対策の推進を図ることを目的とし、また感染防止対策加算の施設基準にある年4回程度のカンファレンスの1回として毎年開催しています。

カンファレンスのグループワークでは各職種(医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師)に分かれて、施設基準に必要とされる事項について活発な意見交換を行いました。

今年度の協議事項の中には、「抗菌薬の採用状況や使用方法等、院内のガイドラインについて」など抗菌薬適正使用における活動、「抗生物質の供給不安定への対応」、「院内感染マニュアルの遵守状況の評価方法」等、現在院内で話題となっている事項についてもあげられ、各事業所の実情について情報共有できる場となりました。

参加者からは「有意義な情報共有ができ、院内の活動に生かせそう」などの声が寄せられ、各事業所の取組みの強化と更なる平準化に向けて役立つカンファレンスとなりました。

2019100401.JPG
グループワークの様子

2019100402.JPG
グループワーク発表時の様子

お知らせ

最近のエントリー

カテゴリ別に見る

月別に見る

RSS