厚生連通信

厚生連通信

平成30年度 栄養科職員研修会を開催 [厚生連ブログ]

2018年09月21日

 JA長野厚生連は9月15日、富士見町の富士見高原医療福祉センター富士見高原病院で14回目となる栄養科職員研修会を開催し、県内の厚生連病院の栄養科職員52名が参加しました。
 この研修会は栄養科職員のスキルアップおよび他事業所と交流の少ない調理師も参加した情報交換と情報共有を目的に、年1回開催しています。担当事業所を決め、進行や試食品の提供など栄養科職員で作り上げる研修会で、今年度は「食事提供の工夫と効果」をテーマに行いました。
 各病院から同テーマに沿った事例報告が行われ、調理方法や献立面の工夫、自家栽培の野菜の提供など各病院の特色ある取り組みに参加者は熱心にメモを取りながら聞いていました。
 グループワークでは、年齢層の異なる栄養士と調理師が7グループに分かれ自院の食事提供の取組みや問題点の対策などを話し合いました。各グループはそれぞれ時間が足りなくなるほど活発な意見交換が行われました。
 参加者からは「各病院の取り組みが聞けてよかった」「当院でも実践していきたい」「業務の悩みや問題点を共有することができた」などの声が聞かれました。

2018091501.png
事例報告の様子

2018091502.png
グループワーク(意見交換)の様子

2018091503.png
グループワーク(発表)の様子

お知らせ

最近のエントリー

カテゴリ別に見る

月別に見る

RSS