厚生連通信

厚生連通信

医療安全管理研修会を開催 [厚生連ブログ]

2018年09月12日

JA長野厚生連は8月31日、JA長野県ビルアクティーホールで医療安全管理研修会を開催し、各事業所から多職種の職員150名程の参加がありました。この研修会は、本会の医療安全対策の更なる充実を目的とし、全職員を対象に医療安全の知識向上の取組みとして、毎年開催しています。

今年度は講師に㈱アドホック医療経営センター所長 深堀幸次氏を迎え「医療安全とコミュニケーションのあり方~コミュニケーション不良による事故事例から学ぶ~」をテーマに講演をいただきました。このなかで先生は「チーム(組織)における人間関係の重要性として、良好なコミュニケーションからチームワークが生まれる」、「情報伝達エラー防止のために言葉の省略をなくし正確に伝える事の大切さ」などの話をされ、今後の取組みの参考になりました。

参加者からは「良好なコミュニケーションからチームワークが生まれる事を実感した」「言葉を省略せずしっかり伝える事を再確認できた」「身をかがめて・耳を傾けて・たずね聞くのフレーズが心に響いた」などの声が寄せられ現状の業務に対する姿勢を見直す機会となり、今後の取組み強化につながる研修会となりました。

2018083101.JPG
研修会の様子

2018083102.jpg
講演する深堀先生

お知らせ

最近のエントリー

カテゴリ別に見る

月別に見る

RSS