厚生連通信

厚生連通信

健康管理担当看護職(保健予防活動人材育成プログラム)研修会を開催 [厚生連ブログ]

2018年08月20日

JA長野厚生連は8月10日、長野市のJA長野県ビルで健康管理担当看護職(保健予防活動人材育成プログラム)研修会を開催しました。この研修会は、保健予防活動を支える人材育成プログラムに基づき、保健予防活動に従事する職員の力量形成を目的に毎年2回開催しています。

今回の研修は「健康診断結果のまとめから学ぶ」をテーマに、「企業の集団健康スクリーニング集計結果を通して考える」と「地域診断のすすめの研修を受けて」の発表がありました。「企業の集団健康スクリーニング集計結果を通して考える」発表では、「経験を積むほど視野が広がる」や「考察については他のスタッフの意見が参考になる」などの感想がありました。

また「集団健康スクリーニングにおけるPSA(前立腺がん)検査実績報告集計」を基にグループワークを行い、「長野県厚生連における前立腺がん検診実績報告」の「受診者数と要精検率の年度別推移」や「要精検者数と精検受診者数の年代別推移」などから読み取りをし、「受診勧奨の方法を検討しなくてはいけない時期になってきているので、アピール方法を工夫する必要がある」などの意見が出されました。最後に、日頃の業務に関することなどの意見交換を参加者同士で行い、有意義な研修会となりました。

次回の研修会は3月に開催予定です。

20180810_1.JPG
発表の様子

20180810_2.jpg
グループワーク形式での読み取り

お知らせ

最近のエントリー

カテゴリ別に見る

月別に見る

RSS