厚生連通信

厚生連通信

経営管理担当者研修会を開催 [厚生連ブログ]

2018年08月01日

JA長野厚生連は7月26日、長野市のJA長野県ビルで経営管理担当者研修会を開催し、収支分析や経営改善、事業計画策定等を担当している管理課職員を中心に30名の参加がありました。この研修会は、人口減少や社会医療施策等により医療を取り巻く環境がますます厳しい状況のなか、管理部職員および経営管理担当者の経営に対する知識養成等のスキルアップを目的として開催しています。

今年度は講師に 株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン マネージャーの冨吉則行氏を迎え「平成30年度診療報酬改定を踏まえ『今、行うこと』と『これからやっていくこと』」と題して講演をいただき、診療報酬改定からの方向性やメディカルスタッフ(薬剤師、看護師、管理栄養士、リハビリ等)との関わり方など、事例を用いながら大変わかりやすく丁寧にお話くださいました。

参加者からは「診療報酬改定からの方向性が、分かりやすい説明で理解ができた」「メディカルスタッフとの関わり方について理解でき、自分の病院でも活かしていきたい」などの声が寄せられ、事業計画達成に向けた今後の経営対策に資する、受講者の意識改革へつながる研修会となりました。

20180726_1.JPG
研修会の様子

20180726_2.JPG
講演する冨吉先生

お知らせ

最近のエントリー

カテゴリ別に見る

月別に見る

RSS