厚生連通信

厚生連通信

【NEW】幹部看護・介護職員育成研修会を開催 [厚生連ブログ]

2018年06月27日

 JA長野厚生連は6月13日~15日にかけて2泊3日の日程で「平成30年度第1回幹部看護・介護職員育成研修会」を佐久市臼田の農村保健研修センターで開催しました。
 この研修会は、本会各事業所の看護・介護の次世代を担うリーダー育成を目的とし、各事業所から期待をかけられた幹部候補の職員を対象に開催しており、今年度は40名が参加しました。研修参加者は1年を通してそれぞれの課題について取り組み、それを進めていく上で必要なスキルを年3回の研修を通じて学んでいきますが、今回はその1回目です。
 今回の研修会はワークショップ形式で行われ、課題を客観的に分析し、学習した理論を現場で活かせるように計画されています。「新人をどのような看護職員に育てたいか」という課題についてグループごとにテーマを決め、それにそって目標を立て、達成するための方略や評価の手法について考えました。
 「限られた時間で求められる成果物を出す」ということを体験する中で、グループの中での個々の役割について考え、グループパフォーマンスが上がっていく状況が実感できました。研修開始時の"表情"はやや緊張した様子でしたが、終了時の"表情"は達成感に満ちているように変化しており、頼もしいと感じられました。
 また、この研修を運営していただくタスクフォースも過去に研修に参加した先輩達です。佐久総合病院の高橋勝貞先生によるディレクターを中心に、研修者にとって有意義な研修となるよう周到な準備をしていただきました。
 2泊3日の中では夕食交流会もあり、ゲームを通じてグループのチームビルディングもさらに進み、他事業所の職員との交流も深まりました。密度の濃い研修で、伝えきれない内容が盛りだくさんですが、今後の2回、3回の研修とともに、課題取り組みの中での更なる成長を期待しています。

20180613_1.jpg
研修参加者と高橋ディレクター・タスクフォース(前列)

20180613_2.jpg
【研修の様子~グループワーク】教育カリキュラムをグループで考えます

20180613_3.jpg
【研修の様子~プレナリーセッション】グループワークで検討した内容を発表します

20180613_4.jpg
【夕食交流会】事業所を越えて和気あいあい☆ 盛り上がりがハンパない!

20180613_5.jpg
【研修最後20秒スピーチ】3日間の集中研修に達成感!

20180613_6.jpg
【各賞表彰】介護福祉士のグループも頑張りました

お知らせ

最近のエントリー

カテゴリ別に見る

月別に見る

RSS