厚生連通信

厚生連通信

医療安全先進事例視察を行いました [厚生連ブログ]

2017年11月27日

JA長野厚生連は10月26日~27日にかけて、医療安全先進事例視察を行いました。この視察は、医療安全管理や感染管理において先進的な取り組みをしている病院等を視察し、厚生連医療の質の向上をめざすことを目的に毎年行っています。今年度は感染管理分野を中心に、総合病院国保旭中央病院、東京慈恵会医科大学附属病院を視察しました。

総合病院国保旭中央病院では、外部アドバイザーの登用による感染対策の取り組み、東京慈恵会医科大学附属病院では、感染対策チームによる院内感染管理の取り組みなどについて説明を伺い、施設見学や情報交換を行いました。

参加者からは「感染対策の取り組みだけを学ぶだけでなく、組織的な機能という視点でも学ぶことができた」「自身の今後への感染対策に取り組むことでのモチベーションにつながった」などの声が寄せられ、今後の業務に活かせる視察となりました。

2017.10.26.27_1.JPG
意見交換の様子(総合病院国保旭中央病院)

2017.10.26.27_2.JPG
陰圧タイプの車椅子を体験する参加者(東京慈恵会医科大学附属病院)

お知らせ

最近のエントリー

カテゴリ別に見る

月別に見る

RSS